公園

色内駅

色内駅

 

1912年(大正元年)に、国有鉄道手宮線の色内仮停車場として開設されたという駅ですが、1962年(昭和37年)手宮線の旅客営業廃止に伴い廃止されました。小林多喜二が通勤に利用していたといわれる駅。2011年(平成23年)に、小樽文学館小樽美術館の再整備事業の一環として、当時の駅舎が休憩所にアレンジされた上で復元されています。

旧手宮線の散策路のところにあり、市街と運河を繋ぐような駅。雪も融けて利用される方も増えるでしょう。観光案内所のような役割があってもよろこばれそうですね。

 

小樽市HP

http://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/bungakukan/bungaku-osirase.html

関連記事

  1. 機関車の雪像 小樽雪あかりの路 旧手宮線会場
  2. レールカーニバル IN おたる2015年開催!
  3. この漢字、読めますか?
  4. 機関車の雪像 旧手宮線
  5. 天使の迷い道 小樽雪あかりの路
  6. 「国際レール走り大会」開催
  7. 旧手宮線ベンチを走る機関車
  8. LOVEのオブジェ 小樽雪あかりの路

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


注目記事・おすすめイベント

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

PAGE TOP