今日の小樽

旧名取高三郎商店(現:大正硝子館):The Former Takasaburo Natori Store

大正硝子館

小樽市指定歴史的建造物
旧名取高三郎商店(現:大正硝子館)
建築年:明治39(1906)年
構造:木骨石造

 

山梨県出身の銅鉄金物商名取高三郎が、明治37(1904)年の稲穂町大火後に建てた店舗で、裏手に住宅や倉庫を連ねていました。角地に建ち、西側と南側に開いた形で防火のための袖壁(うだつ)を設けています。外壁には札幌軟石が使用されており、上部壁体を鉄柱で支える構造となっています。小樽の明治後期の代表的商家建築といえます。

小樽市

Designated Historic Landmark of Otaru City
The Former Takasaburo Natori Store
Date of Construction:1906
Structure:Stone on Wooden Farming

 

Natori Takasaburo, a metals merchant and hardware trader from Yamagata prefecture, built this store with attached living quarters and a warehouse in back after the great Inaho Town fire of 1904. Constructed on a corner lot, the building features wing walls with open entrances on the west and south sides as a fire prevention measure. The exterior walls utilize Sapporo soft stone and an iron pillar support structure gives strength to the upper main walls in this example of the commercial architecture of Otaru in the later Meiji period.

City of Otaru

関連記事

  1. 石川啄木歌碑 小樽駅
  2. みやこ鳥のランチ
  3. 小樽駅 雛めぐりスタンプラリー
  4. 小樽自然の村、冬季休業のお知らせ
  5. 願掛け焼そばに付いてくる必勝祈願と缶バッチ
  6. お知らせです【伊勢鮨/梁川通り商店街】
  7. 第5回小樽あんかけ焼そば料理教室
  8. ホームページリニューアルキャンペーン!!【グランドパーク小樽】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめイベント

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP