今日の小樽

カトリック富岡教会 Tomioka Catholic Church

正面

マリア像

富岡町1丁目21番25号にある小樽市指定歴史的建造物

 

〜以下、看板より引用〜

小樽市指定歴史的建造物

カトリック富岡教会

建築年:昭和4(1929)年

構造:木造一部鉄筋コンクリート造

 

小樽におけるカトリックの布教は明治15年に始まり、数度の聖堂建設を経て昭和3年現在地に起工し、翌年6月30日に献堂式を挙げました。正面玄関部の尖塔アーチから十字架を掲げた八角小塔にいたる上昇感を強調した建物で、外観は主にゴシック様式を取り入れています。2階にある礼拝堂には、色ガラスを組み合わせたアーチ窓から柔らかな光が入り、神聖な空間となっています。

小樽市

 

Desnignated Historic Landmarks of Otaru City

Tomioka Catholic Church

Date of Construction:1929

Structure:Partial Reinforced Concrete on Wooden Framing

 

Missionary work to spread Catholicism in Otaru began in 1882. After the construction of a series houses of worship, work began on the Tomioka Catholic Church in 1928 at its present location and a dedication ceremony was held on June 30 of the following year. The exterior’s primary influence is Gothic and the pointed, arched entry’s rise to a small, crucifix topped octagonal tower emphasizes a sense of ascent. Soft light illuminates the second story chapel from the arched, colored glass windows, creating a sacred feel to the space.

City of Otaru

関連記事

  1. 宮入り 龍宮神社例大祭
  2. デリバリーがパワーアップ!
  3. 小樽 日和山灯台の一般公開
  4. 曇り 19℃
  5. やま安のラーメン
  6. 小樽名所巡り
  7. 花園銀座商店街フリーペーパー「花園さんぽ第6号」
  8. ちょびっと雨

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


注目記事・おすすめイベント

小樽のミュージシャンがプロジェクトを発足

小樽在住のミュージシャンである花男さんが、「イサリビホッカイドウ」というプロジェクトを立ち…

ピックアップ記事

PAGE TOP