にしん小樽漬

かつてニシン漁で栄えた小樽。

近年、そのニシンが小樽に戻りつつあります。

そのニシンを使って、小樽 商工会議所 と小樽市内の水産加工会社が協力して開発したのが「にしん小樽漬」です。

「にしん小樽漬」は基本ルールのもと、現在株式会社小樽かね丁鍛冶、堀内水産株式会社、株式会社飯坂富士商店、株式会社小樽海洋水産の4社に入久三浦水産と丸一北川食品の2社が加わり6社で販売しています。

統一パッケージもプラスチック製から紙製に一新し、小樽運河のイラストをあしらったデザインを採用、土産物などの需要の掘り起こしを図っています。

 

 

●小樽かね丁

 

●堀内水産

 

●飯坂富士商店

 

●小樽入久三浦水産

 

 

基本ルールを守りながら、生姜やゆず胡椒がアクセントになっていたり、助宗の卵やホタテのひもが入っていたり、それぞれの会社で特色を出した「にしん小樽漬」になってます。

 

駅なかマート「タルシェ」、小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)にて買えますよ。

駅なかマート「タルシェ」ではショッピングサイトからも買えますので、小樽市外の方も大丈夫!

http://tarche.jp/

 

ご飯のお供に、酒の肴に、また観光客お土産品としてどうですか?

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

名前

CAPTCHA


コメント一覧

メニュー
トップへ戻るボタン