今日の小樽

旧日本郵船株式会社小樽支店 The Former Nihon Yusen Company Otaru Branch

旧日本郵船

(撮影2013.10.20)

旧日本郵船ライトアップ

小樽市色内3丁目7番8号にある重要文化財。

 

〜以下、看板より引用〜

重要文化財

旧日本郵船株式会社小樽支店

指定年月日 昭和44年3月12日

建築年 明治39年

構造 石造2階建

 

この建物は、明治39年、日本郵船株式会社が小樽支店として新築したものです。設計は工部大学校出身の佐立七次郎工学博士で、当時としては最も新しい石造り洋風建築です。新築後間もなく、日露戦争の講和条約による樺太の国境画定会議が小樽で開かれることになり、この建物の2階会議室において両国代表による会議が開かれ、隣の貴賓室で祝杯が交わされました。昭和30年、市がこの建物をゆずり受け、小樽市博物館として使用していましたが、昭和59年から62年にかけて保存修理工事を実地し、営業室、会議室、貴賓室などを住持の姿に復元しました。

小樽市

 

Important Cultural Asset

Former Nihon Yusen Company Otaru Branch

Designated March 12,1969

Erected 1906

Construction:Two-Story stone

 

This building was newly erected in 1906 as the Otaru Branch of the Nihon Yusen Company Incorporated. The design, at the time the latest Western-style stone architecture, was done by Shichijiro Satate, a Doctor of Engineering who graduated from the University of Technology. Soon after it was finished the conference to determine the national boundaries resulting from the peace settlement of the Russo-Japanese War was to be held in Otaru, and the representatives of both countries met here in the secondfloor meeting room and celebrated afterwards in the adjoining special guest room. The building became the property of the city in 1955 and it served as the Otaru City Museum until 1984 when restoration began and lasted until 1987, at which time the business offices, meeting room and special guest room had once again regained their original condition.

関連記事

  1. 雪が降ってきました
  2. 25日は金曜抽選会!【中央市場】
  3. 榎本武揚の街
  4. 一杯ひっかけてから帰りますか
  5. 【動画】小樽のいいとこ動画041 太田 圭さん
  6. 【動画】旧国鉄手宮線
  7. 金曜抽選会開催しました。【小樽中央市場】
  8. みやこ市早食い大会

おすすめイベント

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP