今日の小樽

旧猪俣邸 The Former Inomata Residence

旧猪俣邸1

旧猪俣邸2

小樽市桜1丁目1番にある小樽市歴史的建造物

〜以下、看板より引用〜

小樽市指定歴史的建造物

旧猪俣邸

建築年:明治33(1900)年

構造:木造

 

この建物は、鰊漁を中心に財を成した猪俣安之丞の邸宅として、明治33(1900)年に余市町に建てられました。現在地には昭和13(1938)年、東小樽の宅地計画の一環として移築されました。この母屋は、猪俣家専用の住宅であり、多くの大規模な鰊漁家が親方の住居と漁夫の寝床を合わせている点で異なります。また、これほど大きな親方の住宅は道内に例をみません。母屋の中央にある望楼(ぼうろう)からは沖合の漁を観察していたと思われます。玄関の右手には6室の座敷が並び、大きな神棚や床の間を備えています。

小樽市

 

Designated Historic Landmarks of Otaru City

The Former Inomata Residence

Date of Construction:1900

Structure:Wood

 

Constructed in Yoichi Town in 1900, this mansion was the former residence of Yasunojo Inomata who built his fortune around the herring trade. The building was relocated in 1938 as part of the Higashi Otaru Housing Development Plan. The main building served as the residence of the Inomata Family, which deffers from the fact that other large fisherman residences at the time contained separate accommodations for the family and for the crew. This was also the largest such residence of its kind in all of Hokkaido. The watchtower situated in the middle of the fleet in the bay . To the right of the foyer are six connected parlors with a large household shrine and alcove.

City of Otaru

関連記事

  1. まがれい
  2. 今日の小樽の天気0℃雪
  3. 朝の小樽港
  4. やや曇 16℃
  5. クルーズ船の「おもてなし」
  6. 米華堂さんの雑貨コーナー
  7. 【動画】ネザーランド南小樽店さんで満腹
  8. FMおたる&小樽看護専門学校

注目記事・おすすめイベント

小樽のミュージシャンがプロジェクトを発足

小樽在住のミュージシャンである花男さんが、「イサリビホッカイドウ」というプロジェクトを立ち…

ピックアップ記事

PAGE TOP