中央市場

小樽昭和ノスタルジー

小樽昭和ノスタルジー-1

小樽昭和ノスタルジー-2

若かりし頃に通り過ぎた、「ちょっと昔」の小樽にプレイバック。

我が青春の街角へ 小樽昭和ノスタルジー

 

活力に満ちていた古き良き時代の「あの頃」がここに

運河が整備される前だった「あの頃」。

市場が市民の台所だった「あの頃」。

丸井今井が、大国屋が、ニューギンザがあった「あの頃」。

花銀を飲み歩いた「あの頃」。

映画が何よりの娯楽だった「あの頃」。

銭湯が憩いの場だった「あの頃」。

昭和40年代、50年代の懐かしい街並みがここにある。

 

[本書のおもな内容]

【其の一】

時を重ねた香りを感じながら、「昭和の物語」に迷い込んでみませんか?

・堺町通り変貌

・花園銀座街

・小樽・手宮物語

・手宮の老舗 今に続く”あの頃”さんぽ

・梁川通りを昭和歩き

・まだまだ、あります あの頃のお店へ

・小樽運河 保存か埋め立てか? 街を二分する大論争に

・小樽駅

・「印学」のススメ

・海陽亭と裕次郎

・今日も小樽名物 北海製罐の「ポー」が鳴る

 

【其の二】

フェイ・ダナウェイがいた。

喫茶エンゼルがあった。

稲穂湯があった、「あの頃」へ。

・映画館が街中にあふれていた”あの頃”

・小樽・銭湯 ぬくもった時間がたゆたう

・いまも息づく小樽の喫茶店文化

・小樽の菓子文化を楽しむ

 

【其の三】

「あら、久しぶり」

頁をめくると、「あの頃」のママの声が聞こえる。

ただただ、ひたすら酒を飲み、

路地裏をさまよい歩いた青春酒場がここにある。

・花園路地裏 青春酒場 “あの頃”のお店を探索する

・キャバレー現代

・昭和角打ちカウンターにようこそ

 

懐かしさで「くぎ付け」になります

小樽には明治・大正の写真も数多く残っていますが、このたび、発行する「小樽昭和ノスタルジー」は30年から40年前の写真で全編を通しており、若かりし頃に通り過ぎた「ちょっと昔」の小樽が鮮やかによみがえります。

 

小樽を愛する二人のカメラマン

岡田明彦、兵庫勝人。小樽生まれで小樽を愛してやまない二人のカメラマンが、昭和40年代後半から50年代の小樽をそれぞれの視点でとらえています。その写真を軸に現在の風景を重ねることで懐かしさとともに、小樽の今を感じ取っていただけます。

 

活力に満ちていた、古き良き時代の「あの頃」がここに

運河が整備される前だった「あの頃」。ニューギンザがあった「あの頃」。花園を飲み歩いた「あの頃」。映画が何よりの娯楽だった「あの頃」。銭湯が憩いの場だった「あの頃」。懐かしい街並が誌面全体にあふれています。

 

[仕様]判型:A4判変形(285mm×225mm)240ページ 定価(2,500円+税)

株式会社ぶらんとマガジン社

〒064-0809

札幌市中央区南9条西1丁目1番15号財界さっぽろビル4階

TEL.011-521-5559

FAX.011-521-8885

URL:http://www.burant.co.jp

関連記事

  1. 今が旬
  2. 梁川商店街振興組合公式ガイドブック電子書籍版
  3. 浴衣風鈴祭り【梁川商店街】
  4. 小樽運河〜梁川通りを歩くガイドツアーに参加しました!
  5. 第2弾出演アーティスト発表 【告知】2014.5.29 第2弾出演アーティスト発表 ベイフェ…
  6. ツルハドラッグ稲穂店 閉店のご案内
  7. いいね!を押して貰っちゃう
  8. 北の水彩画人 白江正夫と宮川美樹

おすすめイベント

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

PAGE TOP
PAGE TOP