石川啄木歌碑 小樽駅

小樽駅啄木歌碑小樽駅から余市側の階段を登ったところにある石川啄木の歌碑。

妻と子を小樽に残し単身赴任で釧路へ向かうことになったときの歌だそうです。

時がたった今でも古さを感じない歌ですね。妻と子と離れて暮らすことになった寂しさが伝わってきます。

 

〜以下、歌碑より引用〜

子を負ひて 雪の吹き入る停車場に われ見送りし妻の眉かな

啄木

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

名前

コメント一覧

メニュー
トップへ戻るボタン