ジーンズショップロッキより。古本めぐりをしませんか?

up_february2016_1

明日からいよいよ雪あかりの路が始まります。

ジーンズショップロッキでは、今年は恒例のスタンプラリー、”5 Passages in YUKIAKARI”に加えて、小樽文学館とのコラボレーション、「雪あかりの古本めぐり」も同時開催です!

 「古本めぐり」では、参加5店舗がそれぞれの個性にあわせてテーマをチョイス、そのテーマで文学館に寄付された古本の中から厳選し、展示販売します。

vivre sa vie + mi-yyu(雑貨)は絵本と児童文学、オルデコ(ヴィンテージアイテム)はデザイン、アート、建築、ハコ(料理とワイン)は洋書いろいろ、カフェチョビチャ(焼き菓子、コーヒー、お食事)は暮らしのchobichaというテーマで、ロッキは「近代日本文学」。夏目漱石、島崎藤村、芥川龍之介、石川啄木、志賀直哉、子母澤寛、辻潤、大江健三郎などなど、70冊を集めました。すべて1冊300円。売り上げは文学館の支援団体、小樽文學舎に寄付します。

古本めぐりはご購入いただかなくてもご来店のみでスタンプを押します。5店舗まわったあとで文学館に行くと、かわいい文学館グッズがもらえます

ちなみに、文学館でも2月6日(土)に古本市があります。3月下旬までの企画展は正岡子規!

雪あかりの道すがらぜひお立ち寄りくださいませ。

ジーンズショップロッキホームページ
http://jeansshoplokki.web.fc2.com/

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

名前

CAPTCHA


コメント一覧

メニュー
トップへ戻るボタン